商品の詳細
Mavic Pro FLY MORE COMBO MAVC

掲載画像はその内容を保証するものではなく、仕様は予告なく変更されることがありますので御了承下さい

取り寄せ オススメ品

Mavic Pro FLY MORE COMBO MAVC

販売価格: 171,520
(税込)
付与ポイント : 1,715pt (1%還元)
カテゴリ ドローン・マルチコプター > ドローン本体 > ドローン本体 
メーカー名 DJI  
商品コード 4957792126202 
ステータス 取り寄せ品 オススメ品 
在庫目安 確認後ご連絡  
個数を入力してください



商品の詳細

購入後1年間のDJI無償付帯保険の加入可能!(登録手続きがない場合は保証が受けられません)、 保証期間15日、 DJI Mavic Proは、高度な技術が搭載されたDJI史上最もコンパクトな最先端のフライングカメラです。コンパクトかつパワフルで、誰でも簡単に安心してフライトできるので、刻々と変わる風景を逃すことなく空から撮影することができます。高性能な24個のプロセッサー、刷新された4km対応の伝送システム、4台のビジョンセンサー、高精度の3軸ジンバルを備えた4Kカメラ。すべては指先でタップするだけで操作できます。大空があなたのクリエイティブなキャンバスに変わるはずです。

■ポケットサイズで長距離通信を実現
Mavicの小型送信機には、DJIの新しいOcuSync伝送技術が内蔵されており、最大4kmの距離でフルHD動画1080pのビデオストリーミングが可能です。

■障害物自動回避
Mavicは、前方の障害物を検知し、自動で避けることができます。時速36kmまでのスピードであれば、Stereo Sightによって、進行方向最大15m先にある障害物を検知し、回避できます。

■絶対的精度での位置調整
Stereo Sight技術によって、Mavicは、様々な環境下で精確なホバリングを行い、また、離陸した場所とほぼ同じ場所に自動で着陸することが可能です。

■効率的な長時間飛行
Mavicは極めて効率的に最適化された推進システムにより、最大27分間の長時間飛行を可能にしました。(最適な飛行条件の下、通常の使用であれば、約21分間)

■美しく滑らかな映像、鮮明な写真
Mavicは、1画素も無駄にすることなく、極めて鮮明な写真と滑らかな動画を撮影できる、高精度3軸カメラスタビライザーシステムを搭載した唯一のコンパクトドローンです。持ち運び可能なMavicがあれば、かさばる追加のカメラ機材は必要ありません。

■高品質な写真
誰でも素晴らしい写真が好きです。Mavicでは、スナップショットの撮影から、本格的な作品の撮影まで、Adobe DNG RAWに対応した1200万画素のカメラですぐに撮影できます。

■プロレベルの撮影を自動で
Mavic を飛ばす場合、専門の撮影スタッフは必要ありません。ActiveTrack(アクティブトラック)を使えば、タップするだけで被写体を自動で追いかけて、プロなみの撮影が可能です。

■ジェスチャーで撮影
Mavicを空中で自分に向けさせたら、ジェスチャーだけで写真を撮影することができます。これまでにない完璧で自然なセルフィーを撮影しましょう。

■きめ細やかなコントロール
集合写真の撮影や、室内で飛ばす際など、あまり速く飛ばしたくない場合、トライポッドモードをオンにすれば、Mavicはゆっくり正確に動きます。

■スマートフォンで操作可能
友人を撮影したり、大空に向けてすぐに飛行したり、セルフィーを撮ったり。お使いのスマートフォンで、Mavicの飛行や操作をすることができます。

■タップするだけで飛行
Mavicの飛行は非常に簡単です。行きたいところをタップするだけで、完全に機体をコントロールすることができます。友達や家族に飛行の醍醐味を味わってもらう最適な方法に他なりません。

■あなたの意のままに
Mavic は、あなたの指示に従って瞬時に動きます。スローで優美な流れるようなショットを撮影したい時でも、時速65kmのスポーツモードを使って熱くなりたい時でも対応します。

■センサーを重複装備、信頼性が2倍
ドローンに関して、考えられる問題の一番の原因は、センサーが決まっているとおりに厳密に機能しないことです。このため、 Mavic は重要なセンサーをそれぞれ2つずつ搭載しています。1つが故障すれば、別のセンサーが作動して代わりをします。

■一定の高度で飛行
自動的に地上から同じ高度に留まります。低く飛びすぎるなんて心配しないでください。 Mavicは、平坦でない地形上でも常に程よい高度を保ちます。

■簡単、スマート、安全なバッテリー
DJIインテリジェントフライトバッテリーが登場する前は、強力なドローンバッテリーには信頼性に問題がありました。しかし、独自の統合された中枢部を採用し、DJIバッテリーは、通常の充電式バッテリーと同じくらい容易で安全です。

■DJI GO アプリ
DJI GOを介してカメラが捉えるすべてのもの、またMavicについて知る必要のあること、例えばバッテリー残量から現在位置、進行方向などを確認することができます。

●同梱品 「本体パッケージ内容」

DJI Mavic Pro本体(プロペラ付き)
リモコンとRCケーブル
インテリジェントフライトバッテリー、充電器、電源ケーブル
プロペラ(1セット)
16GB MicroSDカードとMicro USBケーブル
ジンバルクランプとプロテクター
クイックスタートガイド

コンボセット内容物:
Mavicカーチャージャー x1
Mavicバッテリーパワーバンクアダプタ x1
Mavicショルダーバッグ x1
Mavicバッテリー充電ハブ x1
Mavicインテリジェントフライトバッテリー x2
Mavic 8330折りたたみ式クイックリリースプロペラ x2、【ご購入にあたり下記の文章は必ずお読みくださいませ】


※=※=※=※=※=※=※=※ご購入にあたってのご注意※=※=※=※=※=※=※=※

PCワンズのDJIドローン通信販売ページを御覧頂いてありがとうございます。

安全にお使いいただくために製品購入時に同封しているDJIドローン製品ご購入時 事前確認チェックシートを必ずご確認下さい。

昨今の空中撮影は便利に手軽になった反面、社会問題もあり、法的にも制約が増えているのが現状です。
そのため非常に繊細な扱いをして頂く必要があります。

【重要】サポート、修理依頼、相談等に関して
 弊社ワンズではサポート、修理依頼をお受付することは出来ません。
 サポート、修理依頼はDJIアフターサポートセンターでの対応のみとなります。
 DJI製品に初期不良がありましても弊社ワンズでは対応致しかねます。
 弊社に製品をお送りになった場合は、ご購入者様にご購入者様のお支払での着払いで返送させていただきますので予めご了承下さいませ。

【重要】 弊社ワンズではいかなる場合でもDJI製品ドローン本体・オプション製品の、交換・返品・返金を弊社ワンズで受け付けることは出来ません。
 ご購入者様による誤購入等、お買い間違え等でも同様になります。予めご了承下さいませ。
 
【重要】無償修理期間はメーカーでの保証で15日です。
 DJI製品の保証は手元に届いてからどのような状況でも15日間です。そのため保証期間内に製品の動作をチェックして頂く必要があります。「チェックできるような環境(場所・時間)が用意できなかった」などの理由では商品到着15日以降の保証修理は受付出来ませんのでご注意をお願いします。
無償修理期間を過ぎた場合お客様負担の有償修理となります。

お客様のご操作による破損はお客様負担の修理代金が必要です。

【重要】DJIドローン製品は航空法対象製品です。飛行禁止空域を認識しましょう。
飛行禁止空域は国土交通省のホームページに記載がありますので熟読の上、ドローン製品の操作にとりかかるようお願い致します。

HP → http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html

※東京、大阪、愛知等人口密集地域の飛行可能空域はかなり少ないです。


○飛行可能空域外でドローンを飛行させる場合、国土交通省 航空局の許可が必要になります。


【重要】インターネット通信販売でご購入される場合は上記注意事項をご承知してただいたと見なします。

※=※=※=※=※=※=※=※※=※=※=※=※=※=※=※※=※=※=※=※=※=※=※、DJI Mavic Proは、高度な技術が搭載されたDJI史上最もコンパクトな最先端のフライングカメラです。コンパクトかつパワフルで、
誰でも簡単に安心してフライトできるので、刻々と変わる風景を逃すことなく空から撮影することができます。高性能な24個の
プロセッサー、刷新された4km対応の伝送システム、4台のビジョンセンサー、高精度の3軸ジンバルを備えた4Kカメラ。
すべては指先でタップするだけで操作できます。大空があなたのクリエイティブなキャンバスに変わるはずです

DJI Mavic Proは、プロペラを折り畳むと、ペットボトルほどの大きさになり、持ち運びがとても便利です。
新しいOcuSync伝送システムにより最大4kmの伝送距離を実現しました。
最大速度は時速65km、最大フライト時間は27分です。
3軸スタビライザーにより滑らかな4K動画の撮影が可能です。
ActiveTrack(アクティブトラック)やTapFly(タップフライ)などの機能を使うと、プロ並みの映像を簡単に撮影できます。
障害物検知システムは、冗長性を備えたセンサーにより、飛行の安全性や信頼性を高めました。
GPSとGLONASSの両方を使用するので、屋内でも屋外でもビジョンポジショニングにより安定して飛行します。
スマートフォンで簡単にMavicの飛行や操作をおこなうことができます。

ポケットサイズで長距離通信を実現
Mavicの小型送信機には、DJIの新しいOcuSync伝送技術が内蔵されており、最大4kmの距離でフルHD動画1080pのビデオストリーミングが可能です。
ポケットサイズで長距離通信を実現
OcuSyncは、DJI最新の長距離伝送技術です。他のどのWi-Fi伝送システムよりもはるかに優れた機能を有しており、最大4kmの通信を実現し、長距離ではHD720p、短距離ではフルHD1080pのビデオストリーミングが可能です。 OcuSyncが飛行の度に、利用可能な周波数の伝送距離をスキャンし、最も干渉の少ない周波数を検知。飛行の安定性を高め、機体をしっかりと制御します。また、OcuSyncはDJI GOと緊密に連携しており、Mavicの重要な統計データをリアルタイムで伝達します。飛行しながら最大40MB/秒で写真や動画をダウンロードすることもできます。
*障害物、電波干渉がない場合



障害物自動回避
Mavicは、前方の障害物を検知し、自動で避けることができます。時速36kmまでのスピードであれば、Stereo Sightによって、進行方向最大15m先にある障害物を検知し、回避できます。
障害物自動回避
Stereo Sightは、Mavicの頭脳であり、神経回路の役割を果たします。 ハードウェアとソフトウェアから成る複合的なネットワークには、5台のカメラ、デュアルバンドGPS、超音波を利用する距離計、冗長性を備えたセンサー、そしてMavicのために設計されたパワフルな24個のプロセッサーが含まれており、各種センサーとプロセッサーがあらゆる情報を処理します。 Mavicは飛行しながら周囲をスキャンして3Dマップを作成し、飛行可能なエリアを把握し、回避すべき障害物を認識します。Mavicは画像視覚処理により、進行方向最大30m先までを認識することが可能で、進行方向最大15mまでの距離を正確に測定します。音波探知機による障害物回避技術と比較して、その精度は大きく優れています。 Mavic は障害物を検知しその周囲を認識すると、飛行ルートを調整して障害物を自ら回避します。周囲を確認できない場合は徐々にスピードを落とし、ホバリングしながら操縦者からの次の命令を待ちます。
障害物回避システムは、ActiveTrack(アクティブトラック)、TapFly(タップフライ)、地形フォローモードを含め、すべてのインテリジェントフライトモードで作動します。 障害物回避システムは、自動のReturn-to-Home機能を使用している場合でも作動するため、飛行ルートに障害物があったとしても、Mavicは衝突することなく操縦者の元に戻ってきます。

絶対的精度での位置調整
Stereo Sight技術によって、Mavicは、様々な環境下で精確なホバリングを行い、また、離陸した場所とほぼ同じ場所に自動で着陸することが可能です。
MavicはStereo Sightシステムを利用し、ほとんどすべての環境下で、基本的な「オプティカル・フロー」システム(下向きのカメラ1台で、機体の下の地面が常に平らであると仮定し位置調整をおこなう)の機能性をはるかに上回る精度で正確な位置調整を行うことが可能です。 MavicはStereo Sightを使って3次元で認識し、反応します。そのため、切り立った断崖の側面で下向きのセンサーからの目標値を検知できない場合や、林冠の下で衛星測位が使用できない場合、地上がでこぼこしていて障害物に覆われている場合などでも、安定したホバリングを可能にします。
Precision Landing(高精度ランディング)では、Mavicが自動で離陸場所とほぼ同じ場所に正確に着陸します。離陸時にStereo Sightが2台の下向きのビジョンセンサーで機体の下の地面を動画録画し、衛星座標と組み合わせます。Mavicが帰還する際、Mavicはそれらの座標と動画のデータをもとに、自ら離陸場所に戻って着陸します。



効率的な長時間飛行
Mavicは極めて効率的に最適化された推進システムにより、最大27分間の長時間飛行を可能にしました。(最適な飛行条件の下、通常の使用であれば、約21分間)
MavicはStereo Sightシステムを利用し、ほとんどすべての環境下で、基本的な「オプティカル・フロー」システム(下向きのカメラ1台で、機体の下の地面が常に平らであると仮定し位置調整をおこなう)の機能性をはるかに上回る精度で正確な位置調整を行うことが可能です。 MavicはStereo Sightを使って3次元で認識し、反応します。そのため、切り立った断崖の側面で下向きのセンサーからの目標値を検知できない場合や、林冠の下で衛星測位が使用できない場合、地上がでこぼこしていて障害物に覆われている場合などでも、安定したホバリングを可能にします。
Precision Landing(高精度ランディング)では、Mavicが自動で離陸場所とほぼ同じ場所に正確に着陸します。離陸時にStereo Sightが2台の下向きのビジョンセンサーで機体の下の地面を動画録画し、衛星座標と組み合わせます。Mavicが帰還する際、Mavicはそれらの座標と動画のデータをもとに、自ら離陸場所に戻って着陸します。


美しく滑らかな映像、鮮明な写真
Mavicは、1画素も無駄にすることなく、極めて鮮明な写真と滑らかな動画を撮影できる、高精度3軸カメラスタビライザーシステムを搭載した唯一のコンパクトドローンです。持ち運び可能なMavicがあれば、かさばる追加のカメラ機材は必要ありません。
空撮において、美しく滑らかな映像やブレのない鮮明な写真を撮影するには、高精度のスタビライザーが必要です。Mavicには、専門的な技術を用いて小型化された3軸ジンバルによるスタビライザーシステムが採用されています。 特別に小型化された3台のブラシレスモーターと最新のアルゴリズムで揺れを感知すると、カメラはMavic本体とは反対方向に動き、その結果不必要な動きが相殺され、驚くほど滑らかな映像の撮影が実現します。 3軸ジンバルを用いないカメラでは、この効果をデジタル処理で撮影された画像に割り込ませることにより、滑らかな映像に見えるようにします。しかし、デジタル処理によって、滑らかな映像のように見せる方法では、4K動画の場合、4分の1サイズのHD画質になってしまい、HD動画の場合はより低い品質となるため、劣化した見づらい映像になってしまいます。 Mavicは高精度の3軸ジンバルによってカメラ全体を安定化させることで、ブレを抑制し、さらに、カメラセンサーが捉えた品質を100%維持することで、滑らかで美しい映像や鮮明な写真を撮影できます。


高品質な写真
誰でも素晴らしい写真が好きです。Mavicでは、スナップショットの撮影から、本格的な作品の撮影まで、Adobe DNG RAWに対応した1,200万画素のカメラですぐに撮影できます。
Mavicで撮影する写真はすべて、1,200万画素の大きさの写真になります。空撮映像用に入念に調整された画像センサーと連携しているため、必要なのは被写体を見つけることだけです。 お使いのスマートフォンと同様に、カメラを 90°回転させて、縦位置の構図で撮影可能です。編集についてご心配の場合、すべての写真をAdobe DNG RAWで撮影すれば、どの写真も芸術作品に変えられる編集能力を得られます。

プロレベルの撮影を自動で
Mavic を飛ばす場合、専門の撮影スタッフは必要ありません。ActiveTrack(アクティブトラック)を使えば、タップするだけで被写体を自動で追いかけて、プロなみの撮影が可能です。
ActiveTrack(アクティブトラック)は、ディープラーニング、コンピュータービジョン、 高度な自律飛行を使用して、複雑で独創的な撮影をタップするだけの簡単な操作で実現します。GPSや送信機も必要ありません。
Mavic は、多くの一般的な被写体、例えば、人やバイクのライダー、自動車、また動物まで検知し認識できるよう設計されています。一度被写体をマークすれば、その周りを追いかけて飛行し、多様なショットを撮影することができます。 トレースモード、プロフィールモード、スポットライトモードから最適なモードを選択することができ、すべてプロ並みの仕上がりで撮影が可能です。 また、Mavic が被写体を追いかける際、フレームのどの場所に被写体を収めるか正確に選択し最終的な映像を詳細にコントロールすることができます。
トレースモード
被写体の前後を追尾または移動に
応じて被写体の周りを回ります。
プロフィールモード
被写体と併走します。
スポットライトモード
ほとんどどこを飛行していても、
カメラは照準を被写体に向け続けます。

ジェスチャーで撮影
Mavicを空中で自分に向けさせたら、ジェスチャーだけで写真を撮影することができます。これまでにない完璧で自然なセルフィーを撮影しましょう。
完璧で自然なセルフィーが撮影に送信機もスマートフォンも必要ありません。Mavic をジェスチャーモードに設定し、その前を歩くだけで撮影が可能です。 Mavicは自動的にあなたを検知します。腕を上げたり、Mavicに手を振ったりすると、自分自身を追尾させることができます。 自撮りの準備ができたら、両手の指で箱形を描きます。Mavicのフロントアーム下のライトが点滅し始め、3秒後に写真が撮影されます。

きめ細やかなコントロール
集合写真の撮影や、室内で飛ばす際など、あまり速く飛ばしたくない場合、トライポッドモードをオンにすれば、Mavicはゆっくり正確に動きます。
きめ細やかなコントロール
トライポッドモードは、 Mavicの時速をどんなに速くても3.6kmまで減速します。送信機のコントロールスティックの感度は鈍くなるため、正確な構図を決定するための精度の高い機体操作が可能となります。 Mavicの通常速度では飛行が難しい、狭いスペースや屋内での飛行にも最適です。

スマートフォンで操作可能
友人を撮影したり、大空に向けてすぐに飛行したり、セルフィーを撮ったり。お使いのスマートフォンで、Mavicの飛行や操作をすることができます。
お使いのスマートフォンだけで、Mavic操作は可能です。バーチャルジョイスティックを使用してのスマートフォンでの飛行だけでなく、以下のすべてのインテリジェントフライトモードの全機能が使用できます。
・タップフライ(TapFly)
・トレースモード
・スポットライトモード
・プロフィールモード
・サークルモード
これらのモードを使って、Mavicはスマートフォンで非常に素晴らしい写真や動画を撮影することができます。誰も画面をタップしただけで撮影したとは思えないでしょう。

タップするだけで飛行
Mavicの飛行は非常に簡単です。行きたいところをタップするだけで、完全に機体をコントロールすることができます。友達や家族に飛行の醍醐味を味わってもらう最適な方法に他なりません。
タップするだけで飛行

Mavicはスマートです。お使いのスマートフォンをタップすれば、高度なアルゴリズムがそのシンプルなタッチを正確な方向に変換します。上昇または下降させたい場合も同様です。 方向を変えたい場合は、画面のどこか他の場所をタップするだけでMavicはスムーズに新たな目的地に方向を変更します。飛行中、搭載されている障害物検知システムは、前方を常にチェックしているため障害物に近づきません。それにより解放され自由に景色を眺めることができます。



あなたの意のままに
Mavic は、あなたの指示に従って瞬時に動きます。スローで優美な流れるようなショットを撮影したい時でも、時速65kmのスポーツモードを使って熱くなりたい時でも対応します。
Mavicのコントロールスティックを指でわずかに動しても、それがほぼ即座に空中での動きに変わります。したがってすぐに完全にコントロールしていることが分かります。強力なモーターと入念に最適化されたプロペラにより、このサイズで期待できる以上のパワーが実現します。それによって時速38.5kmの強風の中でも滑らかな飛行が可能になります。
スポーツモード(Sport Mode)は、楽しみのために設計されており、ドローンレースの醍醐味を味わえるよう機敏性と応答性を高めながらMavic は最高時速65kmを実現しています。また、Mavicを使用して速く動くものの写真を撮ったり、素晴らしい瞬間が過ぎる前に疾走してショットを捉えたりすることも可能です。スポーツモードでも、コントロールスティックを放したら、Mavic は瞬時に停止します。どんなに速く飛行させてもいつでも停止させることができます。


DJI GOGGLE
超高品質なワイヤレスでつながるDJI Goggleを装着すれば、飛行を仮想体験することができます。上空から鳥の目で世界を見ることができます。
DJI Goggleを使用すれば飛行を仮想体験できます。周囲の世界の全景を見るために85°の広視野角の2つの真に迫った 1080p LTPS ディスプレイを両目の前に搭載しています。内蔵のOcuSync は、ケーブルやWi-Fi を使って送信機に接続するのではなく、直接Mavicに接続します。このシームレスな接続により、遅延は120ミリ秒と信じられないくらいわずかです。


撮影 編集 共有
考えられる最高の素晴らしいシーンを撮影しました。今、それをDJI GOエディターで数回タップするだけで編集でき、世界中の人が見れるようすぐに共有することができます。
自動動画編集テンプレート、簡単な動画編集機能、容易な写真・動画管理など、素晴らしい動画を作成するのに必要な機能がお使いのスマートフォンにすべて揃っています。必要なのは、すばらしいショットを選択するだけです。
傑作を作成したら、すぐにFacebook、YouTube、Twitter、Instagramに共有できます。また DJIが運営する 空撮映像専用のコミュニティーであるSkyPixelにも共有できます。共有するまで待てない動画の撮影を始める場合、撮影を続けてその動画を Facebook やYouTube にライブでストリーム配信すれば、誰も見逃しません。


センサーを重複装備、信頼性が2倍
ドローンに関して、考えられる問題の一番の原因は、センサーが決まっているとおりに厳密に機能しないことです。このため、 Mavic は重要なセンサーをそれぞれ2つずつ搭載しています。1つが故障すれば、別のセンサーが作動して代わりをします。
飛行中、Mavicは進行方向を知らせるために自身のコンパスを、飛行方法を知らせるためにIMU(慣性測定ユニット)を使用します。これらのいずれかからのデータの流れが中断されると、飛行の信頼性が低くなる可能性があります。このため、Mavic はIMUを1つではなくそれぞれ2つ装備しているのです。システムがどちらかに不整合を検知したときはすぐ、もう一方に切り替わるため、飛行は常に信頼でき安定しています。


一定の高度で飛行
自動的に地上から同じ高度に留まります。低く飛びすぎるなんて心配しないでください。 Mavicは、平坦でない地形上でも常に程よい高度を保ちます。
上り坂を走るバイカーを追尾しているときなど、地形が変わる場所の上空を飛行している場合、Mavicの地形フォローモードは、搭載されている超音波システムや下向カメラによって収集した高度情報を使って、地面が動く場合でも常に地上から同じ高さを維持して飛行できます。地上から、3m~10mの間の希望する高度を設定したら、理想のショットを撮ることだけに集中できます。


簡単、スマート、安全なバッテリー
DJIインテリジェントフライトバッテリーが登場する前は、強力なドローンバッテリーには信頼性に問題がありました。しかし、独自の統合された中枢部を採用し、DJIバッテリーは、通常の充電式バッテリーと同じくらい容易で安全です。
DJIインテリジェントフライトバッテリーは、LiPoバッテリーを充電式単3電池と同じくらい容易に使用できるよう設計されています。それぞれには独自の統合バッテリー管理システムが備わっており、残りの飛行時間を計算できるよう残量電圧、使用電力量、温度などすべてを考慮に入れています。このため、いつでも帰還するタイミングが分かります。
過充電と過放電を保護するために多数の保護機構も設けています。過充電も過放電もLiPo バッテリーに永久的な損傷を与える可能性があります。長期間保管する場合、LiPo バッテリーは50%だけ充電して保管してください。それより多くても少なくても永久的な損傷を与える場合があります。使用しないで放置する場合、DJIインテリジェントフライトバッテリーは、良好に保つために電力を50%まで放電します。
寒冷地にお住まいの場合、または冬休みに飛ばそう計画している場合は、低温保護が有効になります。この機能は、バッテリーの温度を基準に利用できる推進力を制御します。そのため、完全に暖まったバッテリーしか最大限の電力を供給できません。この機能を使えば、バッテリーの寿命も延ばすことができます。

DJI GO アプリ
DJI GOを介してカメラが捉えるすべてのもの、またMavicについて知る必要のあること、例えばバッテリー残量から現在位置、進行方向などを確認することができます。
DJI GOアプリはMavicのコントロールセンターです。お使いのスマートフォンやデバイスが Mavicに接続されていると、DJI GOアプリは、ほぼリアルタイムでカメラが捉えるすべてのものを表示するため、実際にその場所にいるかのように設定しそれぞれのショットの構図を考えることができます。また、DJI GOアプリ使えば、写真や動画を撮るためにISOやシャッター、ファイル形式などカメラの操作を完全にマニュアルで設定することもできます。思い通りに正確に飛行するようにMavicを微調整することもできます。

機体

重量 734 g (ジンバルカバーを含まない)
743 g (ジンバルカバーを含む)
最大上昇速度 スポーツモードで5m/秒
最大下降速度 3m/秒
最大速度 無風、スポーツモードで64.8 km/時
運用限界高度(海抜) 5000 m
最大フライト時間 27分
最大ホバリング時間 24分
最大フライト距離 13 km, 無風
動作環境温度 0°~40°C
GPSモード GPS / GLONASS
送信機

動作周波数 2.400 GHz~2.483 GHz
最大伝送距離 4Km(障害物および干渉がないこと)
動作環境温度 0~40℃
バッテリー 2970mAh
動作電圧 950 mA @ 3.7 V
対応モバイルデバイスサイズ 対応厚さ:6.5~8.5 mm
最大長:160 mm
対応 USB ポートタイプ:Lightning、Micro USB、Type B、Type C
充電器

電圧 13.05 V
定格出力 50 W
インテリジェント・フライト・バッテリー

容量 3830 mAh
電圧 11.4 V
バッテリータイプ LiPo 3S
出力 43.6 Wh
正味重量 約240 g
動作環境温度 5~40℃
カメラ

センサー 1/2.3"(CMOS) 、有効ピクセル数:12.35 メガピクセル(総ピクセル数:12.71メガピクセル)
レンズ 78.8° FOV、28mm(35mm 判換算)f/2.2
ディストーション <1.5% 焦点 0.5m~無限遠
ISO レンジ 100~3200(ビデオ)、100~1600(写真)
電子シャッタースピード 8 秒~1/8000 秒
最大静止画サイズ 4000 x 3000
静止画モード シングルモード
連続撮影:3枚、5枚、7枚
オート露出ブラケット(AEB):3枚、5枚(0.7EV ステップ)
インターバル撮影
動画モード C4K: 4096×2160 24p
4K: 3840×2160 24/25/30p
2.7K: 2704×1520 24/25/30p
FHD: 1920×1080 24/25/30/48/50/60/96p
HD: 1280×720 24/25/30/48/50/60/120
最大ビデオビットレート 60 Mbps
対応ファイル形式 FAT32(32 GB 以下)、exFAT(32GB)
静止画 JPEG, DNG
動画 MP4、MOV(MPEG-4 AVC/H.264)
対応 SD カードタイプ Micro SD?
最大容量:64GB クラス 10 または UHS-1 規格が必要
動作環境温度 0~40℃
ジンバル

操作可能範囲 ピッチ(垂直方向): -90° ? +30°
ロール(水平方向):0°または90°
機構 3軸(ロール、ピッチ、ヨー)
障害物検知システム

障害物検知範囲 高精度計測範囲:0.7m~15m
認識範囲:15m?30m
動作環境 地表の模様が明瞭で、適切な明るさのある状態(15 ルクス超)
ビジョン・ポジショニング・システム

対応速度 地上2 mで36 km / 時
対応高度 0.3~13 m
動作範囲 0.3~13 m
動作環境 地表の模様が明瞭で、明るさが適切な状態(15 ルクス以上、動画配信者におすすめ、DJI製品について、公式サイトを熟読いただき、ご購入にお間違いの無いようにお願い致します。買い間違えでの返品、返金は、DJIの意向によりいたしかねます。予めご了承下さいませ。 弊社「誤購入お助けサービス」対象外となります。、DJI製品のサポートに関しましてはメーカーが直接行います。初期不良や修理のご対応も全てメーカー直接となり、弊社での保証の問い合わせや受付は致しかねますので予めご了承下さいませ。

お客様の声

ショッピングカート

商品数 : 0点
合計 : 0円

合計付与ポイント : 0pt

検索フォーム

新品  中古  

PCパーツ・自作パソコン 商品カテゴリ

新品・商品区分
このページのTOPへ
Copyright(C)2000 PC One's All rights reserved. 
@s3 v v3.0.7 with Spookies